解散・清算・破産の違い

関係性

解散と清算の関係性

清算

会社の解散と清算の関係性はとても深く、会社が通常行っている業務をすべて中止し、会社の法人格を消滅させる手続き事を指します。

会社は業績が悪化し、利益が出ない状態が続くと会社存続のメリットがなくなってしまうため、事業を発展、拡大する事が不可能となり廃業と解散を考える必要が出てくるのです。

そこで会社の解散が決まった時点で、設立時から現在までに発生した債権や債務を債務整理を行うことによって、会社自体が消滅することになります。

破産とは

会社における破産とは、様々な理由が重なることによりこれ以上会社を継続的に経営していくことが難しくなり、倒産状態にある会社を法律にしたがって処理した状態を指します。

破産手続きは、まず裁判所に申し立てる事で破産管財人が選定され、会社の財産を債権者全てに公平に配当される手続きになります。破産を行うことにより発生した債務が免除されるので、返済や取り立てに合わなくなる特徴があります。

しかし会社の破産手続きと同時に経営者自身の破産手続きを行う必要も出てくるので、一切金融機関での借入が不可能となったり、仕入先の信用も失ってしまいます
破産

このためもう一度会社の再建をすることは難しくなるなど高いリスクが伴います。

会社の再生・相談窓口

相談
月々の資金繰りが難しいと感じていたり、今まで育ててきた会社を諦めてしまいたくないと思っている中小企業の経営者は少なくありません。

破産を行うことはとても簡単ですが、破産をする前に事業再生を相談出来る窓口に行くことによって、専門家による適切な話し合いを行うことができます。

専用窓口で、相談が出来る内容には資金調達やリスケジュール、信用保証協会の融資、事業計画書など事業再生に必要とされるコンテンツを元に、適切に問題部分の把握をして解決をしていくことが可能です。

実績の高い相談窓口を利用することで、事業再生や資金繰り、事業継承など周りに相談ができない内容も安心して任せることが出来る上に解決を進める事が可能になる場合が高いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る